カテゴリー別アーカイブ: ライフスタイル

ハッピーマムに聞いてみた。保育園入園前の準備って?

ハッピーマム

子供を保育園に預けて働きに出たい

子供がある程度大きくなってきたら、子供を保育園に預けて働きに出たいと考えるようになります。
家計に余裕があるのであれば無理に預けて働く必要はありませんが、家計が火の車なのであれば、夫婦で共働きをして家計を支えていかなくてはなりません。

仕事を見つけて保育園に入ることが出来れば、安心して働けると考えそうですが、安心して働くためには子供にスムーズに慣れてもらう必要があります。
いつまでたっても母親と離れることが出来ない子供の場合は、なかなか上手くいきませんので、スムーズになれてもらう為に出来る準備をしておくといいでしょう。

ハッピーマムなどの保育園に入る時には、多くの園で慣らし保育をしてくれるようになっています。
慣らし保育というのは、いきなり丸一日親子が離れ離れになるのではなく、徐々に離れられるように様子を見る期間のことです。
どのくらいの期間行うのかは園によって違いがありますが、概ね一週間から二週間程度の所が多いでしょう。

主なスケジュールとしては、最初の数日は数時間程度預けるようにしてお昼ご飯前に帰宅します。
次に、お昼ご飯を食べるところまで行うようにし、それから一日預けるといった流れになっていきますが、慣れるスピードはその子供によって違いがあります。

預ける前は大丈夫だろうと思っていた子どもでも、いざ預ける時になると親と離れられない子供もいますし、その逆もあるからです。
全く母親と離れた事がなかった子供ほど、離れるのを嫌がるようになりますので、慣らし保育中になれない子供も珍しくありません。

園での生活になれることが出来ずに、毎朝大泣きになってしまったとしても、預けて働きに行かなくてはなりませんが、あまりにもひどい場合は園からお迎え連絡が入る事があります。

そうなると仕事どころではなくなってしまいますので、何とか慣らし保育中に慣れてもらっておく必要があるでしょう。

慣らし保育前に出来るだけの準備をしておく

慣らし保育期間が短い場合は、慣らし保育前に出来るだけの準備をしておく事です。
少しずつ母親と離れる時間を増やすようにし、母親の姿が見えなくても大丈夫の状態にしていかなくてはなりません。

祖父母に預けてみたり、友人に預けてみたりして数時間だけでも離れる時間を作るようにしてみましょう。
全く離れた事がなかった子供の場合、それだけでもいつもと違う生活をするようになりますので、我が家と違う場所で過ごさせる準備が必要です。

その他には、入園予定の保育園の一時保育に預けてみる方法もあります。
一時保育であれば数時間程度だけ預けることが出来ますので、それだけでも園の雰囲気を味わう事が出来るでしょう。

他の子供達と一緒に過ごすことによって、楽しい時間を過ごせる場所だという事がわかれば、怖い場所ではないと認識できるようになります。
どんな場所なのかわからないからこそ怖いと思ってしまいがちですので、楽しい場所だとわからせてあげなくてはなりません。

その他にも地域の子育て支援センターなどに行ってみるようにすれば、たくさんの子供達と触れ合う事が出来ます。
いつも家に閉じこもってばかりの子供だった場合は、他の子供と接する機会がなかったはずですので、いい刺激になります。

少しでも集団生活になれることが出来れば、園で過ごす時の練習にもなるでしょう。
ある程度なれた時に慣らし保育を始めれば、スムーズに預けられるようになりますが、それでも泣いてしまう場合があります。

離れる時には親が寂しそうな顔をしているのはNG

大泣きの我が子と離れる時は、母親としても後ろ髪を引かれる思いになりますが、保育士を信じて預けるしかありません。
離れる時には親が寂しそうな顔をしていると余計に子供を不安にさせてしまいますので、笑顔で別れるようにしましょう。

朝どうしても行きたくないとぐずる場合には、無理やり引きずっていくわけにはいきません。
そんなことをすると逆効果になってしまいますので、出来るだけ子供を納得させてつれていく事です。

子供の気持ちを理解してあげるようにし、必ず迎えに行くと約束をしてから連れていく事です。
お迎え時には、子供が安心出来るように笑顔でしっかりと子供を抱きしめてあげるようにしましょう。

大好きな母親が必ず迎えに来てくれるという事がわかれば、安心して園で過ごせるようになります。
集団生活が始まると子供が病気をもらって帰る可能性がありますので、その時の事も考えておかなくてはなりません。

体調を壊せば迎えに来るように連絡が来ますので、すぐに迎えに蹴るようにしておく必要があります。
祖父母に頼めるのであればお願いをするようにし、難しいのであれば職場に理解をしてもらっておく事です。

仕事を探す時に、子供が体調が悪い時には休ませてほしいという事を伝えておけば、それを理解した上で雇ってもらえるはずです。
どうしても休めそうにない時には、病児保育が出来る場所も調べておけばいざという時に利用が出来ますので、しっかりと準備をしてから働きに出るようにしましょう。

ペットOKのマンションで愛犬と暮らす

現在、日本では小さな子供の数よりも家庭で飼われているペットの数の方が多いという統計まで出ているほど、ペットは大切な家族の一員として愛されています。

そんなペットと一緒に引っ越しをしなければならなくなった場合、多くの人がペットOKのマンションなどを探して契約するでしょう。

しかし、単純にペットが飼えるからといって契約してしまうと後悔してしまうケースもあるので、ペットと一緒に暮らすマンションを選ぶ際に注意しておいた方が良い点を抑えておきましょう。

ペットOKの物件は、飼い主だけでなくペットの環境までしっかり考えてあげることが大切です。

万が一の時にすぐに診てもらえる動物病院は近所にあるか、こまめに身体を綺麗にしてあげるためにクーアンドリクのようなトリミングサロンがあるか、散歩にピッタリな公園や広場などがあるかどうかもよく調べるようにしましょう。


出典元:クーアンドリク

人間にとっては非常に利便性の高い地域だったとしても、ペットにとっては遊ぶ場所も病院もろくにない不便な地域だというケースもあります。

もちろん飼い主が自動車を持っているなど遠出できる環境が整っていれば良いのですが、そうでない場合は可愛いペットがストレスをため込んでしまうこともあるので注意が必要です。

中でも動物病院は、ペットの予防注射や老後の健康診断なども考えて気軽に通える範囲にあるのが理想です。

また、物件の周囲の道路状況もチェックしておいた方が安心です。

交通量が多い道路が近くにある場合は、散歩中にペットが事故に遭ってしまうリスクも高まりますし、車が絶えず大きな音を出して走っているような環境では余計なストレスを与えてしまいます。

できるだけ交通量の少ない場所の方が、ペットの健康や安全を考えると無難であると言えます。

マンションなどの物件選びをする場合、多く人がペット可物件という条件で探すでしょう。

ひと口にペット可物件といても実は飼えるペットの種類やサイズなどによっては制限されてしまうこともあるので、事前に確認しておく必要があります。

→ペット可賃貸物件は需要が多いのに何故少ないのでしょうか? – ペット… – Yahoo!知恵袋

中型程度までの犬や猫であればだいたいどの物件でも許可されますが、大型だったり爬虫類系だと認めてもらえないこともあります。

注意が必要な物件の場合は、物件情報の備考欄や特記事項欄に小型犬可、大型犬不可など様々な指定が記載されていることが多いので、必ずその項目をチェックしておくようにしましょう。

もし特別な記載が無い場合でも、できれば内覧前に不動産会社に確認しておいた方が安心です。

地域によってはペット可という物件はあまり数が多くないこともあるので、気に入った物件が無かった場合はペット相談可という物件も見当に入れてみましょう。

相談可というのは、ペットの飼育を積極的に認めているわけではないものの、入居希望者や条件によっては飼育を許可しても良いというスタンスの物件です。

大家や管理会社としてはできればペットがいない入居者の方が望まく思っているものですが、なかなか入居者が決まらない物件などの場合は少しでも早く入居してもらうため、ペットの相談に応じてくれる物件もあります。

こういった物件は入居者の人柄や信頼度などにも結果が左右されることが多いので、相談を行う際は誠意を持って柔らかい物腰で交渉するようにしましょう。

ただ、相談の結果飼育を認めてもらえたとしても、大型犬だったり何匹も飼うようなことは認められなケースが多いので注意しておきましょう。

大家や管理会社に相談せずにこういったペットの飼い方をしてしまった場合、強制退去させられたり違約金を取られてしまう可能性もあります。

また、ペット可物件の場合は一般的な物件より敷金がかなり高額になっているケースも多いです。


出典元:「ペット可」物件と「ペット対応」物件の違いは?

家賃が安く設定されていても、敷金が5ヶ月分など驚くような設定になっていることもあるので、必ず敷金や礼金などの情報は確認しておくようにしましょう。

ペットを室内で飼っていると、爪の跡が付いたり柱をかじるなど、どうしても物件にダメージを与えてしまうことが多くなります。

こういった損傷を補修するために費用が一般の物件よりかかってしまうのは仕方のないことなのですが、あまりに高額だと初期費用を準備するのも大変になってしまうので注意が必要です。

最近はペット共生マンションなど、ペットを飼うことが入居条件になっているようなユニークな物件も登場しています。

こういった物件の場合は最初からペットが暮らすことを想定しているため、敷金や礼金の加算はほとんど見られないのでおすすめです。

このように、ペットと一緒に賃貸物件を探す場合には様々なポイントがあります。

飼い主だけでなく、大切なペットも快適な毎日を送れるように、周辺環境には特に注意して物件を選んであげましょう。

また、物件を決める際には敷金や礼金が高く設定されていないか、無理なく支払える初期費用であるかどうかも確認しておくことが大切です。